新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第6版)

重要なお知らせ

 今月14日から15日にかけて当院療養病棟の入院患者様と関係職員に二度目のPCR検査を実施したうち、結果の出ていなかった2名の職員が本日陽性と判明しました。院内に濃厚接触者はいません。
 今月9日以降、保健所の指導のもとおこなってきた当該病棟に係る一連の検査は本日終了となりました。その他のPCR自主検査については、院内感染の早期発見のため現在も適宜実施しています。
 また、14日と15日には当該病棟関係者を除く全ての看護職員(216名)にPCRの自主検査をおこない、本日までに全員が陰性と判明しています。
                                       令和2年12月17日

これまでの新型コロナウイルスPCR検査陽性結果(令和2年12月17日 15:00現在)

 入院患者: 12名 (他医療機関へ転院)
   職員: 9名 (他医療機関入院中2名、ホテル療養3名、自宅待機4名)
                                        合計: 21名

   ※現在のところ、当院で行うPCR検査はすべて外注となるため、結果の判定に時間を要します。

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第5版)

重要なお知らせ

 令和2年12月9日以降、保健所、クラスター対策チームならびに県医務課の指導のもと、当院療養病棟の入院患者様および関連した職員を対象にPCR検査を実施してきました。加えて、感染拡大防止のため積極的に自主検査を行ない、14日までに5名の患者様と4名の職員の陽性結果を受けました。また、15日夜には自主検査の結果職員1名が陽性と判明、こちらの職員に院内での濃厚接触者はいませんでした。COVID-19の検査は、その性質上、一度の検査で陰性であっても後日陽性と判明する可能性が否定できないため、今月14日から15日にかけて当該病棟入院患者様と関係する職員に二度目のPCR検査を実施したところ、本日、患者様7名と職員2名に陽性反応を認めました。そのうち2名の患者様は県の調整センターを介し感染症指定医療機関へ転院となっています。
 なお、院内感染の早期発見と拡大防止のためのPCR自主検査を、本日当該病棟を除くすべての入院患者様に実施しました。結果は改めてご報告いたします。
 現在、職員一同全力で感染拡大防止につとめておりますが、患者様並びに地域の皆様には多大なご心配、ご迷惑をおかけしています。一日も早い事態の収束を目指し尽力いたしますので引き続きご理解ご協力の程宜しくお願い申し上げます。
                                      令和2年12月16日

これまでの新型コロナウイルスPCR検査陽性結果(令和2年12月16日 15:00現在)

 入院患者: 12名 (転院7名、転院調整中5名)
   職員: 7名 (自宅待機または在宅療養)
                                        合計: 19名

   ※現在のところ、当院で行うPCR検査はすべて外注となるため、結果の判定に時間を要します。

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第4版)

重要なお知らせ

 本日より、院内感染拡大防止の取り組みの一環として、当該療養病棟職員の充足を図ることを目的に、医療提供体制を以下のとおりとさせていただきます。

  ・当該病棟への新規受け入れ停止
  ・当該病棟でのリハビリテーションの停止
  ・救急受け入れの停止
  ・新規入院受け入れの停止(当該病棟含む全ての病棟対象)

 外来診療は通常どおり行なっています。なお、救急受け入れ停止の期間は現在のところ令和2年12月末日迄を予定しています。また、救急および新規入院の受け入れについて、かかりつけの患者様のお問い合わせは随時受け付けております。
 ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

 

医療法人社団 東郷会 恵愛堂病院
病院長 東郷望
  
                                   令和2年12月14日 15:00

新型コロナウイルスPCR検査結果陽性(令和2年12月14日 15:00現在)
 入院患者: 5名  (転院)
   職員: 4名  (自宅待機または在宅療養)
                                   合計: 9名

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第3版)

重要なお知らせ

 令和2年12月11日、53名の職員に対しておこなったPCR自主検査の結果は、すべて陰性でした。

                                      令和2年12月13日

これまでの新型コロナウイルスPCR検査陽性結果(令和2年12月13日 15:00現在)

 入院患者: 5名  (転院)
   職員: 4名  (自宅待機または在宅療養)
                                  合計: 9名

本件に係る状況報告はこちらで随時更新いたします。

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第2版)

重要なお知らせ

 令和2年12月9日、対象者82名におこなったPCR検査のうち、11日15時時点で判明していなかった12名の結果が12日午前9時までにすべて到着しました。そのうちの1名、当該療養病棟に勤務する職員が陽性で、その他11名は陰性という結果でした。
 同11日には、当該病棟職員を含む53名に対してPCR検査を実施しました。現在、結果を待っている状況です。

                                      令和2年12月12日

これまでの新型コロナウイルスPCR検査陽性結果(令和2年12月12日 12:00現在)

 入院患者: 5名  (転院)
   職員: 4名  (自宅待機または在宅療養)
                                  合計: 9名

今後、本件に係る状況報告は当院ホームページにて随時更新いたします。

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第1版)

重要なお知らせ

 令和2年12月9日、当院療養病棟に勤務する職員が悪寒、関節痛及び咽頭痛のため新型コロナウイルス抗原定性検査を実施したところ、結果陽性であったため、当該病棟の入院患者様及び関連した職員を対象にPCR検査を実施しました。
 対象者82名におこなったPCR検査の結果、翌10日正午には入院患者様4名の陽性を確認し同日中に感染症指定医療機関等への転送を実施しております。また、午後7時時点で先述の職員含め2名の病棟職員にPCR検査の陽性結果が出たことを受け、管轄の桐生保健福祉事務所を通じ「クラスター対策チーム(C-MAT)」派遣の要請をおこないました。
 12月11日午前10時、あらたに当該病棟入院患者様1名、同病棟職員1名にPCR検査陽性を認めました。現在、保健所及びC-MAT、県医務課の指導のもと関係者の調査と感染拡大防止に取り組んでいます。

 現時点での院内感染状況から、濃厚接触者の有無や立地条件等を考慮し当局と相談した結果、当該病棟の機能を以下の通り制限させていただきます。
 ・療養病棟への新規受け入れ停止
 ・療養病棟でのリハビリテーションの停止
 なお、当該療養病棟と離れた場所に位置する回復期病棟と新病棟(外来及び入院診療、救急受け入れ)については、現在、通常診療をおこなっています。

 罹患した患者様の早期回復をお祈りすると共に、患者様及び地域の皆様にご心配ご迷惑をおかけしていることを自覚し、一日も早く収束できるよう感染拡大防止に全力で努めて参りますので、何卒ご理解ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

医療法人社団 東郷会 恵愛堂病院
病院長 東郷望
                                   令和2年12月11日 15:00

新型コロナウイルスPCR検査結果陽性(令和2年12月11日 15:00現在)

 入院患者: 5名  (転院)
   職員: 3名  (自宅待機または在宅療養)
                                  合計: 8名

今後、本件に係る状況報告は当院ホームページにて随時更新いたします。

10月5日(月) 新病棟グランドオープン

お知らせ

豊かな愛をもって患者さんに接し、
「ゆとり」と「おもてなし」のある医療を。

「みんなで作る病院」をテーマに、恵愛堂病院の新病棟がついに完成しました。

新病棟の建築計画は各部署トータル100回を超えるヒアリングのもと行われ、改善すべき業務動線を見直すことで細やかな配慮が感じられる新病棟が誕生しました。
快適な職場環境は、業務効率を上げることはもちろんのこと「ゆとり」を生みます。職員に優しい環境こそが患者さんに優しい環境を作る事ができると考えました。

恵愛堂病院はこれからも地域の中核病院として、「豊かな愛をもって、患者さんに接し、十分な医療を提供する。」ことを守り続け、地域医療の一翼を担うことができるよう邁進して参ります。皆様には、引き続きのご指導とご鞭撻をいただけますようお願い申し上げます。

                                    恵愛堂病院 院長 東郷望

2020年7月 新入職医師紹介

お知らせ

内科医長 小林 祥子

小林 祥子 医師

浜松医科大学卒業(昭和61年)
日本内科学会 認定医 総合内科専門医

7月1日に赴任してまいりました小林と申します。
東京出身で、浜松医科大学卒業後、血液内科を主体に臍帯血移植も含めた診療をしてまいりました。

今回、以前より血液内科を診療されておられた島野俊一先生とともに、血液疾患、特に専門であります 白血病や再生不良性貧血などの診療を頑張ってまいりたいと存じます。

患者様で血液疾患の疑いがある方がおられましたら外来日以外でも受診及び当日の入院のご相談も受けております。その際は、地域医療連携室にご一報いただければ、対応させて頂きます。

地域に貢献できるように努めていきたいと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。

設備故障によるFAX不通のお知らせ ※7/28追記

お知らせ

現在、当院の設備故障により、FAXが繋がらない状態となっております。

お問い合わせにつきましては、お手数をお掛け致しますが下記のFAX番号に
ご連絡頂けますようお願い申し上げます。

【FAX番号】0277-73-2606

FAXが、復旧した際には追ってご報告致します。
ご不便・ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご高承賜りますようお願い申し上げます。

※追記
7月25日(土)~7月27日(月)までの期間、FAX機器の不具合によりFAXが
繋がらない状況となっておりました。

現在は復旧しておりますが、上記時間にFAXを送信して頂いた方々におかれましては
多大なご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

受付開始時間変更のお知らせ

お知らせ

新型コロナウイルス感染対策のため、
令和2年5月7日(木)より

①受付開始時間を8時30分へ変更させて頂きます。
正面玄関の解錠時間受付開始10分前となります。
(解錠前は病院内に入れませんのでご注意下さい。)
※5月7日~7月31日までは混乱を避けるため、正面玄関解錠前に
受付整理票を設置致します。

●今後も来院された際、体調確認のため看護師により
検温問診票の記入をお願いさせて頂きます。

ご不便をお掛けしますが、
ご理解ご協力の程よろしくお願い致します。