2021年4月 新入職医師紹介(地域の先生方へ)

医師紹介

脳神経外科医長 野口 修

野口 修 医師

群馬大学医学部卒業(1983年)  脳神経外科専門医

私は平成元年より桐生みどり地区にて脳外科専門医として歩み始め、平成27年より当院脳外科外来の一部を担当して参りました。この度令和3年4月より当院常勤医として勤務させて頂いております。
今後は更に医院・クリニックと神経疾患診療を繋ぐliaison officer或いはgatewayとしてお役に立てることを願っております。当院で診療困難な病態についてはより高度な医療機関との迅速かつ密な連携を図って参ります。

神経疾患を扱う医師は少ないため突発する脳卒中のみならずTIAや外傷後の慢性硬膜下血腫或いは症候性癲癇や失神など比較的遭遇機会の多い病態についてもその診療に苦慮される場合もあるかと思われます。
 どうもおかしい、何か変だ、頭部外傷後の評価をしたいなどなど、是非使い勝手の良いliaison officerとして当院脳外科を利用して頂ければと考えております。外来診療日以外の曜日でも総合外来を経由して対応も可能な場合もありますので、まずは地域医療連携室までご一報頂くようお願いいたします。救急救命医としての経験も踏まえ、他の診療科のご支援を頂き診療協同も進めていきたいと考えております。

原則として患者様は紹介元へお戻しして医院・クリニックとの併診を心がけ、神経疾患の定期的な評価とfeedbackに努め、二人三脚での外来診療を継続することにより患者様が安心してかかりつけ医での外来診療を継続できるようお手伝いをさせていただきます。どうぞ宜しくお願いいたします。


整形外科医長 笹沢 史生

笹沢 史生 医師

信州大学医学部卒業(2004年)  整形外科専門医 医学博士

令和3年4月から整形外科を担当させていただくことになりました笹沢です。
出身は千葉県ですが、初期研修終了後に北海道に渡り、北海道大学整形外科の医局に所属して15年間学んでまいりました。

一般的な整形外科疾患、外傷に対応させていただきますが、それに加えてこれまで重点的に取り組んでまいりました下肢の変性疾患の加療で地域の方々のお力になれれば、と考えております。「下肢の変性疾患」といいますのは主に加齢に伴う股関節、膝、足首といった関節の「軟骨のすり減り」による痛みや変形です。わかりやすいところでは、「膝が痛くてO脚になってきた」といった感じでしょうか。年齢、関節の変形やすり減りの程度によって治療法は異なりますが、股関節や膝は最終的に人工関節を選択する場合が多いように感じます。

人工関節手術により多くの患者さんが「とても楽になった」とおっしゃっています。最近では人工関節の品質の向上により長持ちするようになってきましたし、手術法の改善により以前より小さいきずで、痛みも少なく手術をすることが可能になっています。もしも股関節や膝の痛みのせいで仕事や旅行をあきらめているのであれば一度ご相談いただければと思います。個人的には人工関節手術は痛みをとって、どんどん働き、どんどん遊ぶためのひとつの方法だと考えております。

人工関節手術を含め、整形外科医療を通して地域の活力を高めることができればと考え、微力ではありますが日々精進してまいる所存です。なにとぞよろしくおねがいいたします。


口腔外科医長 東郷 真理亜

明海大学歯学部卒業(2014年)、群馬大学大学院卒業(2020年) 歯科医師 医学博士

今年度より新規に歯科口腔外科を開設致しました。
ケアミックスの当院では、急性期には術前・術後および化学療法前後の口腔内の診察・治療による誤嚥性肺炎予防や口腔粘膜異常の改善、慢性期にはVF,VEによる摂食嚥下評価およびリハビリテーションを通してADL,QOLの向上に寄与できればと思っております。

大学院では、生きたいと願う癌で苦しむ全ての人の光になれればと思う一心で抗PD-1抗体薬に関する研究をしてきました。今後は、病院や地域の中で癌周術期から緩和ケアにおいて患者さまに対する医療従事者の想いが身を結ぶための一助となれれば嬉しく思います。

以下に記載させて頂いたような口腔内科的疾患も診療対象と致しますので、ご紹介して頂ければ有り難く存じます。
なお、粘膜疾患など悪性を疑う症例に関しては、連携病院となっております群馬大学医学部附属病院口腔外科など適正な病院にご紹介させて頂きます。

今後とも、ご指導ご鞭撻を賜りますようによろしくお願い申し上げます。

〈口腔内科的疾患の例〉
難治性口内炎/ 神経疾患/ 味覚障害/ 口腔カンジダ症/ 口腔乾燥/ 舌痛症/ 口腔扁平苔癬,白板症などの口腔粘膜疾患/ 顎関節症/ 口腔心身症 (Medically unexplained symptom 臨床的に説明困難な症状)/ 漢方治療など


医師 斉藤 悠

斉藤 悠 医師
群馬大学医学部医学科卒業(2018年) 医師

今年4月より恵愛堂病院にお世話になっております。3月までは桐生厚生総合病院で研修を行なっており、厚生病院のプログラムで昨年12月に恵愛堂病院で研修を行った事がご縁で働かせていただくことになりました。桐生、みどり市地区には思い入れがあり、恵愛堂病院で働けることをうれしく思っています。

群馬大学医学部を卒業していますが、医学部入学前は企業の研究所で脳の研究を行っておりました。医師としては新米ではありますが、一生懸命勉強致しますのでよろしくお願いいたします。

PCR検査のご案内

お知らせ

・完全予約制:予約はお電話にて承ります。(0277-73-2211)
・検査日:月曜日~金曜日(8:30~10:30の間に来院して頂きます)
・検査結果:1~2日後、お電話にてお伝えします。※希望があれば簡易的な証明書の発行も出来ます。
・料金:22,000円(税込)

※詳細は以下の画像をご覧ください。(クリックで拡大されます)

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告

重要なお知らせ

 令和2年12月9日、当院療養病棟職員に始まる集団感染を確認して以来、診療体制を一部制限し管轄の保健所指導のもと感染拡大防止に努めて参りましたが、令和3年1月12日(火)通常診療を再開することができました。
 このたび患者様、地域の皆様にご迷惑をお掛けしましたこと、改めてお詫び申し上げます。また、診療制限を行なっていた間、関係者の皆様より多大なるご支援を賜りました。この場を借りて御礼申し上げます。
 職員一同、より一層精進して参りますので、今後とも変わらぬご厚誼の程お願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第14版)

重要なお知らせ

 令和2年12月9日、当院療養病棟に勤務する職員の新型コロナウイルス検査陽性結果を受けて以来、検査で陽性が確認された患者様は治療のため皆様すべて感染症指定医療機関へ転院となりました。最終の転院が令和2年12月28日であったため当該病棟の患者様はみな保健所指導のもと2週間(令和3年1月11日まで)経過観察としています。
 これまで以下のとおり診療体制を一部制限して参りましたが、経過観察期間内に当該病棟に新たな発症例が確認されない場合、令和3年1月12日(火)から通常診療を再開させていただく予定としています。

  ・療養病棟への新規受け入れ停止
  ・療養病棟でのリハビリテーションの停止
  ・救急受け入れの停止
  ・新規患者受け入れの停止(外来・入院)

 このたび患者様、地域の皆様方に多大なご迷惑をお掛けしましたこと、謹んでお詫び申し上げます。
 これからも地域医療の一端を担い地域の皆様に貢献できますよう職員一同誠心誠意努めて参ります。
 これまで賜りましたご厚情に深謝するとともに、今後とも変わらぬご厚誼の程お願い申し上げます。

                                 医療法人社団 東郷会 恵愛堂病院
                                         病院長 東郷望
                                         令和3年1月8日

新型コロナウイルス
PCR検査 結果陽性
【療養病棟関連】

入院患者:13名
職員: 9名
合計:22名

新型コロナウイルス
PCR検査 結果陽性
【散発例と考えられるもの】

入院患者: 0名
職員: 2名
合計: 2名

※ 現在、当院でおこなうPCR検査は外注と新たに導入した遺伝子解析装置を併用しています

新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第13版)

重要なお知らせ

 26日にご報告した療養病棟入院中の患者様について、本日COVID-19のPCR検査結果が陽性と判明し感染症指定医療機関への転院が決定しました。

 前回、「抗原定性検査」陽性の結果を「PCR検査」陽性として集計しましたが、正しくは本日のPCR検査の結果を加えた合計が22名でした。混乱を招く表記をしてしまい申し訳ございませんでした。

                                        令和2年12月28日

新型コロナウイルス
PCR検査 結果陽性
【療養病棟関連】

入院患者:13名
職員: 9名
合計:22名

新型コロナウイルス
PCR検査 結果陽性
【散発例と考えられるもの】

入院患者: 0名
職員: 2名
合計: 2名

※現在のところ、当院で行うPCR検査はすべて外注となるため結果の判定に時間を要します