診療部紹介

  • 薬剤課
  • 放射線課
  • 栄養課
  • 病理診断課
  • 臨床検査課
  • 光学診療課
  • 臨床工学課

薬剤課

理念

「スピーディかつ正確な連携でチーム医療をサポートする」

当院の薬剤課は比較的若いスタッフばかりです。そのため経験不足は否めませんが、日々勉強であると自己研鑽に努めております。スタッフ全員我が強く、それがまた良いハーモニーを生み出していると思います。

私たちの仕事

調剤

当院では一包化調剤(one dose package)を原則としています。
時間と手間はかかりますが、患者様のアドヒアランスの向上にお役に立てれば幸いと思っています。

薬品管理

薬品を必要なだけ購入し、使用するときまでの間、各薬品に合った条件下で保管しています。
病棟に定数配置してある薬品の補充や、法的に規制のある薬品の帳簿管理などもこの業務です。

点滴払い出し

入院の患者様の注射薬を個人別に準備し、各病棟に払い出しています。
その際、薬品の投与量や投与速度、配合の可否などの確認を行っています。

薬剤管理指導

入院の患者様に処方されたお薬の飲み合わせは悪くないか、重複していないかなどを管理しています。
患者様と直接ご面会しお話をうかがいながら、薬物治療上の問題点の解決や副作用の有無などを確認する業務です 。
今後、全ての患者様と接していけるよう発展することを期待している業務です。

DI(Drug Information)

厚生労働省や製薬企業などから提供される、日々変化する薬品の情報を医療スタッフに伝えています。
患者様が入院時に持参した薬品の鑑別も行っています。

抗がん剤調製

2009年から安全キャビネットを使い、抗がん剤調製をしています。
患者様への投与スケジュールや副作用等の説明も行い、安心して治療を受けてもらえるよう努めています。

その他

・NST(栄養サポートチーム) ・糖尿病教室 ・薬局内勉強会 ・院外勉強会への参加 など

放射線課

理念

「患者様にやさしい放射線課」
  • 患者様に対して出来る限りのやさしい態度で接するように心掛けます。
  • 検査時間は可能な限り短く、そして、被ばくに対しても少なくするようにし、検査の苦痛を和らげるよう心掛けます。
  • 患者様に理解して安全に検査を受けて頂けるように、分かりやすい説明や言葉がけをし、知識と技術を注ぐことを心掛けます。

現在、当施設では診療放射線技師7名で業務を行っています。検査に関する問い合わせやご相談がありましたら、お気軽にご連絡ください。

業務内容紹介

<64列マルチスライスCT>

  • 各種単純、造影検査
  • 肝臓精密検査
  • 胸部精密検査
  • 歯科のデンタルインプラント検査
  • ほぼ全身における、目的検査部位の任意断面画像を3D立体画像で作成

<1.5T高磁場MRI>

  • 各種単純、造影検査
  • 脳精密検査→急性期脳梗塞、脳血管、VSRAD(早期アルツハイマー型認知症支援システム)
  • 肝臓精密検査
  • 骨盤腔内検査
  • 脊髄、脊椎検査
  • ほぼ、全身における(肺野を除く)検査可能

<X線TV(フルデジタル)検査>

  • 各種造影検査
  • 消化管(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸)造影検査
  • 嚥下造影検査(VF)
  • 脊髄造影検査(ミエログラフィー)
  • 神経根ブロック検査
  • 関節造影検査

<乳腺・甲状腺>

  • マンモグラフィー検査は認定施設を取得、認定医師、認定技師で行っています。

<骨密度計測検査>

  • 骨粗しょう症の検査です。

設備紹介

<一般撮影装置>

  • KXO-30R(東芝メディカル)
  • KXO-50G(東芝メディカル)
  • CRシステム(FUJI FILM)

<CT装置>

  • 64列マルチスライス撮影装置(SOMATOM Perspective)

<MRI装置>

  • 1.5T高磁場装置(symphony SIEMENS社)

<X線TV(DSA)装置>

  • Sonial Vision(島津製作所)

<乳房X線撮影装置>

  • MAMMOMAT 1000(SIEMENS社)

<外科用X線テレビ装置>

  • 外科用X線テレビ装置(東芝メディカル社)

<骨密度計測装置>

  • DTX200(東洋メディック)

<移動式X線撮影装置>

  • 島津製作所
  • 日立メディコ×2

<ワークステーション>

  • Aquarius(TERA RECON INC.)

<画像サーバー>

  • SYNAPSE(FUJI FILM)

栄養課

理念

「患者様一人ひとりの声に耳を傾け栄養食事指導」

栄養課では、家庭的な食事を中心に、四季折々の食材を取り入れ、安全な食事配膳を行い、治療の一環を担うよう、患者様一人ひとりの声に耳を傾け栄養食事指導等を行っています。

平成21年2月に栄養課を新設し、衛生管理にも考慮し「エア-シャワ-」の導入や食材・導線の流れを考慮した厨房となっています。
また、新設にあたり「真空調理」という、新しい調理方法も導入し 患者さん本位の食事提供を可能にしています。

食事例


上記の調理方法を取り入れながら、調理・盛り付け・配膳となる食事の 一例です。

当院で介護食といわれている食事です。高齢の患者様は、なかなか魚や 肉という蛋白源を摂取することが困難になってきます。そこで、当院では 魚料理・肉料理を中心に口当たりの良い飲み込みやすい調理方法でご高齢 の患者様に食事を提供しています。

ドック患者様に提供する食事の一例(一般食)です。 ドックを受けられる患者様の中には、疾患をもたれている方もいらっしゃいます。そのような時には、その疾患にあった食事内容を提供しています。

糖尿病用のケ-キ配膳の一例です。一般食の方がケ-キや時には豪勢な 料理が配膳されているなか、糖尿だからといって食べられないのは残念です。 そこで当院では、人工甘味料等を使用し、安心して召し上がっていただける 料理を常に提供しています。

NST・褥瘡回診への参加

NSTでは、週1回の回診とランチタイムミ-ティングを行っています。
メンバ-は、外科医・看護部・薬局・リハビリ・栄養課です。 栄養課では、栄養状態の不良な患者さんをはじめ、濃厚流動食で下痢・嘔吐 のひどい患者様、摂取量の優れない方々等を対象に、色々な職種の職員と 意見交換を行ないながら参加しています。
褥瘡回診では、週1回の回診に参加しています。 低栄養状態では、褥瘡の治癒が遅いということから、NSTと同様に 看護部と話し合いながら栄養状態の改善に努めています。

栄養指導・糖尿病教室について

栄養指導は、外来・入院ともに実施しています。
診療科目に外科・内科・ 糖尿病・肝臓病の特殊外来等があるため色々な指導内容が求められますが、個々の患者様に合った食生活の指導を精力的に行なっています。
また、近隣の診療所より糖尿患者さんの指導の依頼を受け指導を実施 しています。
糖尿病教室では、食品交換表を中心に指導を行い、食事会も開き実践に 合った指導を行なっています。

まごころ ~栄養課だより~

No.20
H30年7月発行
PDFダウンロード
嚥下食<飲み込む力>
嚥下練習用 棒付きアメについて
アンケートについて
夏野菜講座 -冷蔵庫は偉大な調理道具?-
メニュー紹介<タンドリーチキン>
No.19
H30年1月発行
PDFダウンロード
メタボリックシンドローム
嚥下練習用 棒付きアメについて
アンケートについて
季節の食材(春菊)
メニュー紹介<カレイのグリーンソースかけ>
No.18
H29年7月発行
PDFダウンロード
食物繊維の働きについて
経口補水液について
アンケートについて
季節の食材(ゴーヤ)
新メニュー紹介<豆腐とキャベツの炒め物>
No.17
H29年4月発行
PDFダウンロード
貧血と鉄分について
特殊食品(ニューソーセージ)について
アンケートについて
季節の食材(オカヒジキ)
献立紹介<厚揚げの炒め物>
No.16
H29年1月発行
PDFダウンロード
新年あけましておめでとうございます。
カリウムについて
栄養補助食品(ジャネフプチゼリー80)について
退院アンケートについて
真鱈(マダラ)
献立紹介<鮭の味噌マヨネーズ焼き>
No.15
H28年10月発行
PDFダウンロード
脳のエネルギー源《糖質》について
栄養補助食品(エンジョイゼリー)について
退院アンケートについて
栗の旬と栄養
献立紹介<麻婆茄子>
No.14
H28年7月発行
PDFダウンロード
高齢者の筋力低下(サルコペニア)について
栄養補助食品(すいすい)について
退院アンケートについて
夏野菜(茄子と南瓜)
献立紹介<揚げ魚南蛮漬け>
No.13
H28年4月発行
PDFダウンロード
飲み物のエネルギーについて知ろう!
減塩うどんについて
退院アンケートについて
春の旬の野菜
献立紹介<和風ドレッシング和え>
No.12
H28年1月発行
PDFダウンロード
ノロウイルス食中毒の予防対策
ブイクレス ハイプチゼリー
退院アンケートについて
鯖について
献立紹介<豆腐のつくね甘辛煮>
No.11
H27年10月発行
PDFダウンロード
スマイルケア食とは?
食器が新しくなりました!
退院アンケートについて
中華食材
献立紹介<さんま甘露煮>
No.10
H27年7月発行
PDFダウンロード
機能性表示食品制度
低蛋白米(ゆめごはん)について
退院アンケートについて
夏が旬の食材
献立紹介<いわしの梅正油ソテー>
No.9
H27年4月発行
PDFダウンロード
今注目の機能成分について
低カロリー甘味料マービーについて
今年度も実施します!
しじみについて
献立紹介<五目混ぜごはん>
No.8
H27年1月発行
PDFダウンロード
新年のごあいさつ
おせち料理について
食物繊維を摂ろう!
患者様からの声
献立紹介<さばのねぎ蒸し焼き>
No.7
H26年10月発行
PDFダウンロード
食物アレルギー対策
群馬のソウルフード(やきまんじゅう)
患者様からの声
筍の食材(秋)
献立紹介<人参マヨネーズサラダ>
No.6
H26年7月発行
PDFダウンロード
食品表示の豆知識
桐生・みどり市の食(旨いもの)
患者様からの声
夏が筍・鯵
献立紹介<帆立の丼ぶり>
No.5
H26年4月発行
PDFダウンロード
知って得する人工甘味料のお話
桜の季節!お花見しましょう
患者様からの声
春野菜・筍
献立紹介<まぐろのたたき風>
No.4
H26年1月発行
PDFダウンロード
食品の塩分表示について
大間々・桐生といえば・・・
退院された患者様からの声
真鯛
献立紹介<豆腐の炒め物>
No.3
H25年10月発行
PDFダウンロード
栄養課の衛生管理とは?
栄養課の職員を紹介します!
退院された患者様からの声
今が旬の秋刀魚
献立紹介<海老しんじょう>
No.2
H25年7月発行
PDFダウンロード
お水足りてますか? 熱中症対策をしよう!!
こんな工夫をしています!
退院時の患者様からの声
今が旬の冬瓜(とうがん)
献立紹介<海老と茄子の味噌炒め>
No.1
H25年4月発行
PDFダウンロード
恵愛堂病院 最新調理(真空調理)を紹介します!
食品の成分表示の落とし穴!!
退院時の患者様からの声
今が旬!!「鰆 (さわら) 」
献立紹介 <焼鮭の生姜醤油タレかけ>

病理診断課

理念

顕微鏡標本の向こうで診断を待っておられる患者様のことを考え、精度の高い病理・細胞診断を迅速に報告するよう努めております。

病理診断には大きく分けて2つの検査があります。

組織診断

組織診断とは、患者様の病変がある部分から胃カメラや小手術で採取された組織から顕微鏡標本をつくり、病気の最終診断をすることです。特に、がんなどの重大な病気では必ず病理診断が行われます。病理診断は最終診断になりますので、責任が重く、高い精度が要求されます。当院では日本病理学会が認定した病理専門医が担当しています。また、がんで手術をした患者様の組織についても、がんの進行度や完全に切除できたかどうかなどを詳しく調べます。がんが強く疑われて手術が必要な病気でも、手術前に病理検査ができない部位もあります。がんが完全に切除できたか手術中に確認したい場合や、手術前には予想できなかった病変が手術中に見つかることもあります。このような場合には、特殊な方法で標本を作製し、手術中に病理診断をする、術中迅速診断を行います。これは病理専門医が常勤している病院しかできない検査です。

細胞診断

細胞診断とは、病変部からごく微量の細胞を採取して病気の診断をする検査です。肺癌検診で喀痰検査や婦人科検診などは皆さんご存知かと思います。その他、尿、胸水、腹水などに含まれているがん細胞を探し出し、病変を推定します。また、乳腺、甲状腺、リンパ節など、体表面に近い病変には針を刺して細胞を採取し、がん細胞を調べる穿刺吸引細胞診が広く行われています。採取された無数の細胞の中から、数個のがん細胞を見つけ出すのは、細胞検査士の資格をもつ臨床検査技師の担当です。最終診断は、細胞診専門医と共に行います。当院では細胞診専門医(指導医)1名、細胞検査士1名が常勤しています。

検査機器

ホルムアルデヒド曝露防止
プッシュプル型換気装置
ホルムアルデヒド曝露防止 プッシュプル型換気装置
凍結組織切片作製装置
ティシュー・テックポーラーD
凍結組織切片作製装置 ティシュー・テックポーラーD
脱水・脱脂・パラフィン浸透装置 ティシュー・テックVIP5
脱水・脱脂・パラフィン浸透装置 ティシュー・テックVIP5
自動封入装置(左)&自動染色装置(右)
自動封入装置(左)&自動染色装置(右)
自動細胞収集装置サイト・テックオートスメア2500
自動細胞収集装置 サイト・テックオートスメア2500

臨床検査課

理念

「精度の高い臨床検査データの提供とまごころ込めた生理機能検査」

検査課スタッフ8名で、毎日の分析装置の精度管理と安全で安心できる 生理機能検査に努めております。

検査室

◎検体検査『群馬県臨床検査値標準化施設』認定

生化学検査
分析装置 日本電子 BM6010
血液検査
分析装置:シスメックス XT-1800i
凝固検査
分析装置:シスメックスCA-500
血液ガス
分析装置:三菱プレミア GEM3000
アンモニア
分析装置:富士フィルム ドライケム100
尿一般
分析装置:栄研 US-2200
H.ピロリ/呼気テスト
分析装置:POC-one
免疫検査
HCV抗体
HBs抗原・抗体
輸血検査
交差適合試験
不規則性抗体スクリーニング
血液型
その他
便ヒトヘモグロビン
CDトキシン・ノロ抗原
尿沈渣
血液像
細菌塗抹
鏡顕検査
髄液細胞数
骨髄細胞数
疥癬・白癬

◎生理検査

心電図検査
標準心電図/マスター負荷心電図/ホルター心電図
装置:フクダ Cardio Star FCP-7431
フクダ Cardio Max FCP-8321
超音波検査
腹部超音波/頚動脈超音波/乳腺・甲状腺超音波/下肢静脈超音波
装置:東芝 Aplio 300
VC.FVC
装置:ミナト AS-507
神経伝導速度
正中神経伝導速度/尺骨神経伝導速度
装置:ナーブ ペース S-100
脳波検査
装置:日本光電 EEG-7414
長谷川式スケール
 

※院内活動・・・ICT、NST、輸血療法

光学診療課

内視鏡室

‐安全・快適な検査・治療を目標に‐

当院では年間4000例近い内視鏡検査・治療が行われています。

検査まで落ち着いた雰囲気を創る為前処置室は半個室でマッサージチェアーを完備。(左写真)

OER-2による高水準消毒(滅菌レベル)を検査毎に行っています。
経鼻内視鏡を導入しました。
苦痛なき内視鏡を心掛けセデーション下の施行も対応しています。

設備

EVIS上部消化管汎用ビデオスコープ

  • GIF-Q260
  • GIF-Q260J
  • GIF-H260Z 2本
  • GIF-XP260NS

EVIS大腸ビデオスコープ

  • CF-Q260AI
  • CF-H260AZI 2本
  • PCF-Q260JI

EVIS十二指腸ビデオスコープ

  • JF260V

EVIS気管支ビデオスコープ

  • BF-240

EVISビデオシステムセンター

  • CV-260SL 2台

EVISユニバーサル光源装置

  • CLV-260NBI
  • CLV260SL

カラービデオモニター

  • LMD-1950MD
  • OEV191H

超音波内視鏡

  • EU-M2000

アルゴンプラズマ装置

  • APC300

高周波焼灼電源装置

  • PSD-10
  • UES-30
  • ICC-350

内視鏡洗浄消毒装置

  • OER-2 3台

上部消化管内視鏡検査(GIF)

上腹部・背部痛、吐気、吐血時および検査希望時に・・・

【上部消化管出血の止血法】

(食道静脈瘤破裂 マロリーワイス 胃十二指腸潰瘍 angiectasia等)

・クリップ法
・留置スネア絞扼法
・アルゴンプラズマ凝固法
  • 食道静脈瘤硬化療法
  • 食道静脈瘤結さつ術
  • HSE液局注法
  • 純エタノール局注法

【腫瘍】

超音波内視鏡による深達度診断
  • ポリペクトミー
  • 内視鏡的粘膜切除
  • アルゴンプラズマ焼灼
  • 内視鏡的粘膜下層剥離

【食道 噴門・幽門狭窄】

  • バルーン拡張
  • ステント挿入

【経口摂取不能】

内視鏡的胃婁造設

下部消化管内視鏡検査(CF)

便潜血陽性、下腹部、下痢、血便・・・

【下部消化管出血の止血】

  • クリップ法
  • HSE局注法
  • アルゴンプラズマ凝固法

【炎症性腸疾患の診断】

潰瘍性大腸炎、クローン病、感染性腸炎等

  • 洗浄液、便汁培養
  • 組織採取(病理診断)

【腫瘍】

  • 超音波内視鏡による深達度診断
  • ポリペクトミー
  • 内視鏡的粘膜切除
  • 内視鏡的粘膜下層剥離
  • アルゴンプラズマ焼灼

内視鏡的逆行性膵胆管造影法(ERCP)

胆管・膵疾患とその疑いのある症例

  • 内視鏡的乳頭切開術(EST)
  • 砕石術
  • 胆道ドレナージ(ERBD, ENBD)

気管支鏡検査(BF)

胸部X-PやCTで肺癌の存在が疑われる場合、喀痰細胞診陽性、血痰、喀血・・・

  • 気管、気管支内の観察
  • 組織採取(生検)
  • 洗浄細胞診

臨床工学課

理念

「生命維持管理の責務とプライドを以って患者様の安心をサポートする」

臨床工学課では、人工呼吸器、各種点滴ポンプ、麻酔装置など、治療に使われる医療機器の保守・整備、そしてその運用方法の伝達、腹水濃縮、エンドトキシン吸着などの血液浄化、脳梗塞などに対する高圧酸素治療、手術・人工呼吸器などに使われる医療ガス設備の保守・点検、そしてオペ室における手術参加などを業務としております。

近年、高度化する医療装置において機器由来の医療事故の実例も散見されるようになり、保守・整備の重要性が高まってまいりました。
また、医療技術の分野でも専門性の求められる各種特殊治療において専門技術者としての必要性も増大しております。発展する医療の一翼を担えるべく、新しいことに挑戦して行こうと思っております。


高気圧酸素治療器

左:血液浄化装置/右:人工呼吸器