入院のご案内

  • 入院の手続き
  • 入院中のご案内
  • 入院費のご案内
  • 入院費のお支払
  • 高額療養費について

入院の手続き

提出していただくもの

誓約書
必要項目すべてにご記入・捺印のうえで、翌日までに必ずご提出ください。
保険証
後期高齢者医療被保険者証・福祉医療費受給資格者証・介護保険等も含む
認定証
限度額適用認定証・標準負担額減額認定証等

持参していただくもの

現在服用中のお薬(おくすり手帳をお持ちの方は提示してください)
寝巻き、下着、タオル、バスタオル 各2~3枚
洗面用具(歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸、コップなど)
箸、湯のみ、ティッシュペーパー、室内履き
その他必要に応じてお持ちいただくもの(マスク、スプーン、オムツ、エプロン、水のみ、印鑑など)
※盗難防止のため、貴重品は極力お持ちにならないようお願いいたします。院内での金品等の紛失に関しては責任を負いかねます。ご了承ください。

入院中のご案内

入院生活に関して

  • 入院規則

    以下の規則に反する行為があった場合は退院していただくことがあります。

    • 医師を始めとする職員の指示に従うこと。
    • 秩序を乱す行為、人に迷惑をかける行為はしないこと。
    • 無断外出や無断外泊など、身勝手な行動はしないこと。
    • 病院敷地内での飲酒・喫煙はしないこと。
    • 医療費は期限までに遅滞なく支払うこと。
  • 面会時間

    面会時間は下記のとおりとなっています。患者様に十分静養して頂けるようご協力ください。

    平日
    午後1時~午後8時迄
    日曜・祝祭日
    午前11時~午後8時迄

    ※ 特別な事情で時間外に面会される方は各病棟看護師までお申し出ください。

  • 消灯時間

    原則午後9時とさせていただきます。

  • 付き添い

    当院は国の基準に基づく看護体制をとっており、原則として付き添いを必要としません。ご要望の際は、各病棟看護師まで事前にお申し出ください。

  • 食事

    朝食8時・昼食12時・夕食6時(時間はあくまでも目安となっております)

  • 医療相談

    当院では、常に患者様の側に立った医療が提供できるよう医療相談員を受付と各病棟に配置しております。退院後の生活に関するご相談や医療費に係るご質問など、様々な問題を患者様と一緒に解決できるよう努めております。ご相談の内容は口外いたしません。無料で承っておりますので総合受付または各病棟ナースステーションまでお気軽にお申込みください。

  • 病状説明

    患者様またはご家族に対し医師が説明いたします。病状の説明を希望される方は事前に看護師へお申し出ください。

  • リストバンド

    安全確認の為、氏名の入ったバンドを手首に付けていただくことがあります。

  • 転室転棟

    治療上の理由等から病室や病棟を変更(移動)していただく場合があります。

  • 外出外泊

    外出及び外泊には主治医の許可が必要です。看護師へ事前に申請してください。

  • 電話

    療養上の観点から、患者様への電話の取り次ぎは原則として行わず、ご伝言のみお預かりしています。また携帯電話の使用は医療機器へ悪影響を及ぼすおそれがありますので、所定の場所以外での使用はご遠慮ください。なお、職員の携帯する電話は医療機器に影響のない専用PHSとなっております。

  • テレビ

    専用のテレビカードを本館2・3階、E・F各病棟にて販売しております。1,000円で780分間(13時間)使用できます。テレビ(ラジオ等)のご視聴は他の患者様の迷惑にならないようイヤホンをご使用ください。本館1階の売店にて取り扱っております。また、テレビカードの返却・返金は未使用のものに限り対応させていただきます。受付までお申し出ください。

  • 洗濯

    コインランドリーは本館4階、E病棟2階、F病棟2階にございます。洗濯機や乾燥機のご利用の際、テレビカードと硬貨がお使いいただけます。

  • 退院

    主治医の許可により退院となります。但し、入院規則を守らない等の理由から、当初の退院予定に関わらずお引取りいただくことがありますのでご承知ください。

  • 診断書類

    診断書(入院証明書等)が必要な方は本館1階総合受付にお申し出ください。書類の内容や種類により作成に要する日数が異なります。ご不明な点は受付係員へお問合せください。

  • ご意見箱

    ご意見、ご希望などお気づきの点は、院内に設置の意見箱をご利用ください。2階・3階ロビー、E病棟ナースステーション、F病棟内食堂兼談話室にございます。

その他

  • 駐車場

    駐車場は混雑が予想されますので、ご入院中の方の駐車はご遠慮ください。面会にお越しの方は、第2駐車場をお使いいただくようお願いします。なお、場内での事故・盗難につきましては責任を負いかねます。予めご了承ください。

  • 食堂

    E病棟1階に喫茶室がござます。
    レストランさくら : 営業時間(年中無休)午前11時30分~午後4時

  • 売店

    本館1階にございます。

    ホスピタルショップ
    営業時間
    (月~金曜日)午前9時〜午後6時
    (土曜日)午前10時〜午後5時
    (日曜・祝祭日)午前10時〜午後4時
  • 喫煙

    第2駐車場の隣に、喫煙のできる休憩所がございます。病院の職員に限らず、どなたでもお使いいただけます。軽食も扱っておりますのでお気軽にご利用ください。
    休憩所: 営業時間(年中無休)午前11時~午後6時

    注意)
    病院敷地内は全て禁煙です。休憩所以外での喫煙はご遠慮ください。
  • 災害時

    火災時の非常時は職員が誘導します。指示に従い行動して下さい。その際、エレベーターは使用できませんのでご注意ください。

入院費のご案内

当院は、平成28年4月1日より「DPC対象病院」となりました。
このため、入院医療費の計算方法が変わりましたので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

DPC制度導入による入院医療費の計算方法のご案内

DPC制度導入による入院医療費の計算方法

  • 対象

    一般病棟に入院している患者様(A病棟・B病棟・D病棟)

  • 対象外

    ・一般病棟以外に入院している患者様(C病棟・E病棟・F病棟)
    ・労働災害または公務災害が適用される患者様
    ・交通事故などにより健康保険が適用とされない患者様
    ・自費診療の患者様
    ・入院24時間以内に死亡された患者様
    ・診断群分類区分に当てはまらない患者様

従来は、診療で行った検査や注射、投薬などをそれぞれ合算した出来高支払い方式でした。
DPC制度導入後は、患者様の病気や症状をもとに国で定められた1日あたりの定額からなる包括評価部分と出来高部分を組み合わせて計算し、入院医療費として請求するものです。1日あたりの定額点数は診断群分類と呼ばれる区分ごとに入院日数に応じて定められています。この1日あたりの定額に含まれるのは入院基本料や検査、投薬、注射、画像診断などです。手術や麻酔、一部の検査の手技料などについては従来通り出来高支払い方式で計算されます。

患者様の病気・治療内容等によっては、この制度の対象とならない場合もあります。
厚生労働省の基準に基づき、主治医が判断いたします。
入院期間中に患者様の病気や治療行為によっては、定額点数の変更がある場合もございます。

尚、高額療養費制度の取り扱いは変更ありません。

ご不明な点がありましたら、お気軽に受付窓口までお問い合わせください。

入院費のお支払

お支払い方法について

  1. 誓約書に「入院定期請求書の受け取り方法」欄を設けてありますので、明記の上必ずご提出ください。係員が「請求領収書(入院)」を配布いたします。
  2. 入院費は毎月末日を締日としております。請求書の発行は、その数日後の10日頃となります。請求書がお手元に届きましたら本館1階の会計窓口にてお支払いください。また諸事情により来院が困難な方に限っては銀行振り込みによる対応も承っております。
    その他各種クレジットカードもご利用いただけます。支払い受付時間は以下のとおりです
    午前9時~午後6時 (時間外のお支払いに関しては係員にご相談ください。)
    なお、支払いの期限を請求書発行月の翌月の末日までとさせていただいております。
  3. 退院の際、午前10時までに請求書を用意いたしますので、会計窓口にお立ち寄りください。ただし毎月月初めの約1週間は都合により請求書の発行ができませんので、退院時に窓口にて支払い方法の確認をさせていただきます。
  4. 入院中に保険証の変更がございましたら速やかに受付係員までお申し出ください。

差額ベッド

個室等をご希望の方は担当看護師へお申し出下さい。「差額ベッド使用同意書」を提出していただきます。なお、1日あたりの料金は下記をご参照下さい。

  1. 特別個室A 全2室 20,000円(税別) トイレ・テレビ・和室・応接セット
  2. 特別個室B 全2室 16,000円(税別) トイレ・テレビ・応接セット ※一部バス有
  3. 特別個室C 全2室 8,000円(税別) テレビ・応接セット
  4. 個室A 全15室 6,500円(税別) 洗面・テレビ
  5. 二人部屋 全5室 2,000円(税別)

注)使用状況により個室がご利用いただけない場合があります。上記以外のベッド使用料は入院基本料に含まれております。

高額療養費について

入院費に関して

70歳未満の方に対して、1ヶ月間の入院費を一定の限度額にとどめる「高額療養費制度」の利用をおすすめします。現在加入している医療保険の保険者(市町村、健康保険組合、全国健康保険協会)の窓口へ申請することで、「限度額適用認定証」の交付が受けられます。

区分 標準報酬月額 自己負担限度額(月額) 多数該当
83万円以上 252,600円 +(総医療費 – 842,000円)× 1% 140,100円
53万円~83万円未満 167,400円 +(総医療費 – 558,000円)× 1% 93,000円
28万円~53万円未満 80,100円 +(総医療費 – 267,000円)× 1% 44,400円
28万円未満 57,600円 44,400円
市区町村民税の非課税者 35,400円
但し、標準報酬月額がア・イに該当する場合は、非課税者であってもア・イの適用となります。
24,600円

【 70歳以上の方 】

適用区分 外来+入院
(世帯ごと)
Ⅲ 課税所得690万円以上の方 252,600円 + (医療費 – 842,000円) × 1%
(多数回 140,100円)(注2)
Ⅱ 課税所得380万円以上の方 167,400円 + (医療費 – 558,000円) × 1%
(多数回 93,000円)(注2)
Ⅰ 課税所得145万円以上の方 80,100円 + (医療費 – 267,000円) × 1%
(多数回 44,400円)(注2)
  外来
(個人ごと)
外来+入院
(世帯ごと)
課税所得145万円未満の方
(注1)
18,000円
(年間の上限 144,000円)
57,600円
(多数回44,400円)(注2)
Ⅱ 住民税非課税世帯
(注3)
8,000円 24,600円
Ⅰ 住民税非課税世帯
(年金収入80万円以下など)
(注3)
8,000円 15,000円
(注1)
世帯収入の合計額が520万円未満(1人世帯の場合は383万円未満)の場合や、「旧ただし書所得」の合計額が210万円以下の場合も含みます。
(注2)
過去12か月以内に3回以上、上限額に達した場合は、4回目から「多数回」該当となり、上限額が下がります。
(注3)
住民税非課税世帯の方については、従来通り、限度額適用・標準負担額減額認定証を発行します。

※窓口でのお支払いは、上記金額とは異なる場合があります。詳細は窓口でご確認下さい。

食費と居住費について

当院では、回復期リハビリテーション病棟(E病棟)と療養病棟(F病棟)が療養病床となります。健康保険法により療養病床に入院中の65歳以上の方は施設と同程度の入院時食事療養費及び生活療養費{食費と居住費(光熱水費)}を自己負担することと定められています。そのため福祉医療費受給資格者証をお持ちの場合も、療養病床に入院された65歳以上の方には「食費と居住費」を一部ご負担いただいております。