新型コロナウイルス感染症発生に関するご報告 (第11版)

重要なお知らせ

 一昨日、【重要なお知らせ(第9版)】にてご報告したPCR検査陽性となった当院職員1名の濃厚接触者1名と、接点のあった患者様22名のPCR検査結果は全て陰性と判明しました。本件について保健所と協議した結果、今月9日以降、当院療養病棟で発生している一連の新型コロナウイルス院内感染との関連が確認できないため散発例という認識に至っています。
 また本日、外来に勤務する職員1名がPCR検査陽性と判明、届け出を行ないました。この従業員は今月21日に咽頭痛、嗄声、咳の症状があったため病欠とし、当日検査を施行しています。19日以前に自覚症状はなく、勤務中はマスク着用をはじめとする標準予防策をとっていました。19日の帰宅後37.3℃の発熱があったと判明したため、それ以前に接触(マスクをはずし食事休憩)した職員3名が濃厚接触者に該当する可能性を考え、現在、全員自宅待機のうえ調査しています。
                                        令和2年12月23日

新型コロナウイルスPCR検査陽性結果【療養病棟関連】

 入院患者: 12名 (他医療機関へ転院10名、症状軽快につき当院へ再入院2名)
   職員: 9名 (ホテル療養4名、自宅療養5名)
                         合計: 21名(令和2年12月23日 15:00現在)

   ※散発例の発生を受け療養病棟でのCOVID-19集団発生を一連とする集計方法に改めました

新型コロナウイルスPCR検査陽性結果【調査中もしくは散発例と考えられるもの】

 入院患者: 0名
   職員: 2名 (他医療機関入院中1名、自宅待機1名)
                         合計: 2名(令和2年12月23日 15:00現在)

   ※現在のところ、当院で行うPCR検査はすべて外注となるため結果の判定に時間を要します